インテリアコーディネーター資格試験

 もうすぐ、インテリアコーディネーター資格試験一次試験(学科)の試験日。今日は今まで使ったテキストや問題集を見直す1日だと思います。決して今年はあきらめた!なんて言わないでね。当日も、常識でなんとか見当がつけられる問題も割合多いと思って落ち着いて下さいね。
 専門用語が多いように感じるかも知れませんが、インテリアという分野は扱っているものが身近な物ですから、問題と選択肢をよくよく読むとなんとなく不適当な物かどうか解る事があります。というのは一からおかしな文をつくるというのは割合難しい物で、先ず正しい文があって、それを加工して不適当な文を作るというプロセス上、不適当な選択肢はなんとなく、文章的に不自然になる事もあるのです。もちろん何か部分的に変えただけでも、例えば「多い」を「少ない」とするだけでも不適当な記述は出来てしまうので、文脈だけで全部を解答する事はできませんが、それも最後の手段として、学習した知識+今までの体験、常識、判断力(国語力)を総動員してあきらめずに頑張って下さい。
 試験会場でアガッたら負けかなと心配になるでしょうが、アガッてるぐらいのほうが(ある程度までは)、かえって火事場の馬鹿力みたいに、底力が出る事もあると度胸を据えたら大丈夫です。むしろあきらめたら負けです。時間配分に注意しながら、最後の1分まで粘って下さい。
 

at 01:22, baketu2, 1次試験:学科

comments(0), trackbacks(0), pookmark

IC一次試験まで日がありません

 IC一次試験まで日がありません。今までしっかり勉強してこられた方は、そのままご自身がお持ちのテキストや問題集を、見直されるのが一番です。ただ、今から何とかしたい!という方に、要点集・用語集・問題集を、ご紹介します。
 他にも良い本はあるでしょうが、試験への対応度が高いという点を基準にしています。他の本を検討されていて、もし選択に迷った場合、様々な実用書を、幅広く出している出版社より、建築系の専門書を多数出している出版社の本を選んだほうが無難です。多種類の書籍を出している出版社の場合、ページのレイアウトなどは上手に解りやすく作ってあったりするのですが、誤植(ミスプリント)とか、要約しすぎが時々見られます。本になるまでにチェックしている専門家の数が少ない傾向があるのかもしれません。工学書専門の出版社の場合は、レイアウトなどは地味な傾向がありますが、校正者も、専門用語に慣れている分、チェックが行き届きやすいのだと思います。

【要点集】 
インテリアコーディネーター合格教本 上巻

インテリアコーディネーター合格教本 下巻

 要点集はコンパクトな方が良いですが、内容が少なすぎては意味がなく、単純化しすぎて誤解を招く記述があるような本もあるので、要注意です。ハウジングエージェンシーのこの2冊は、試験内容を網羅してあるので、かなりのボリュームになりますが、この程度の内容は必須です。

【用語集】
図解インテリア・ワードブック (コンフォルト・ライブラリィ)

 図解が非常に解りやすいです。(収録されている用語数は少ないですが、基本中の基本です)

【問題集】
最新5か年 インテリアコーディネーター資格試験問題集

 問題集は、この井上書院版が年次別、ハウジングエージェンシー版が分野別です。どちらも長所があり、内容もしっかりしていますが、今からなら携帯性で井上書院の問題集が良さを発揮すると思います。最後の一日に目に止まった言葉が出題されることもあります。資格試験は専門用語のボキャブラリーを、いかに増やすかがポイントです。今月の祝日を有効に生かして、頑張ってください。

 

保存保存保存保存

保存保存

at 17:08, baketu2, 1次試験:学科

comments(0), trackbacks(0), pookmark